前へ
次へ

食品添加物の実態と恐ろしさ

皆さんは食品添加物をご存知でしょうか。たくさんの本やテレビ番組などで話題になったり紹介されることがあります。意外と身近に添加物は潜んでいます。代表的に入っているものと言えばスーパーやコンビニの加工品です。コンビニのパン、あれは常温で置いておいても腐りませんよね。あれは保存料や酸味料などが入っており、腐らないように加工しているんです。スーパーの惣菜はどうでしょうか。弁当の表示を見たことはありますでしょうか。1度見ると、ざっと5、6個は添加物が入っています。見た目を綺麗にしたい。香りを良くしたい。味を濃くしたい。なるべく沢山使って安く済ませたい。そんな思いを全て叶えるのが添加物です。どこの話でも、これは入っていたら危ない、食べない方がいいと言っていますが実際に食品添加物に気をつけている方は何人でしょうか。少しでも表示を見ますでしょうか。裏返して確認したりしているでしょうか。少しでも添加物の少ない物を選びたいものです。添加物はずっとずっと体に残り続けます。それは死後も、体を腐りにくくするくらい残るのです。今からでも遅くありません。少しでも添加物を少ない物を探して摂取していきましょう。

Page Top